スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーを含むはてなブックマーク

秋晴れの一日、神宮外苑でのランニングは気持ちよかった。

2010年09月28日
先日、twitter上で@kazu_satoさんにお誘い頂き、神宮外苑を走ってきました。

昨年の夏、子供たちと一緒になって遊びまわったうえに、ランニングやら筋トレやらを頑張りすぎて体調を崩し、それ以来私は、すっかり運動不足になっていました。
とはいえ、11月に参加する「戸田マラソンin彩湖2010」に向けて徐々に運動を再開し始めていたところでしたので、「それはありがたい」とお誘いに乗ったわけです。

ちなみに「戸田マラソンin彩湖2010」には、「2kmの部」というコースがあり、私はこの非常に軟弱なコースに出場する予定です。そしてこの非常に軟弱なコースには、「企業法務について」でおなじみのkataさん(@katax)もお子さんと一緒に出場されるとのことですので、万が一負けるようなことがあれば、どのような罵りの言葉を浴びせられるかわかりません。
なんせ「hiroさんの場合、彩湖ではなくてサイコですね」などという舌戦は既に始まっているくらいですから。

話がそれました。
さて、当日は秋晴れの涼しい風の中、男女5名で神宮外苑を軽快に・・・と言いたいところですが、私だけヘロヘロになりながら走りました。
弁護士の田路至弘先生(MrToji)も参加される予定だったのですが、急遽ご都合が悪くなったそうで、一緒に走ることはできませんでした。
とはいえ聞くところによると、田路先生は鬼のように足が速く、「田路先生がいないとマイペースで走れて気楽ね!」とおっしゃってる女性がいらっしゃったので、「ああ、田路先生と走れなくてよかった」と若干ホッとしたのも事実です。

8キロ弱。
出発してすぐは、「こども自転車教室」のようなイベントが開催されているのを「かわいいなあ」と眺めながら走っていたのですが、帰路で「こども自転車教室」を見たときは、「頼むからその自転車を貸してくれ」と心の中で呟く私がいました。
しかし何とか走りきり、仕上げに気持ちの良いお風呂に入りました。


さて、お風呂上りにはお楽しみのビール。
場所を移して、暑気払いにも参加させて頂きました。
暑気払いには田路先生や他のメンバーの方もお見えになりました。

実は1年以上前に、田路先生のセミナーを受講したことがあるのですが、カッコよくてまずびっくり。
話を聴くと、その知的さにもう一度びっくり。
著書を読むと、そのわかり易さにさらにびっくり。
これまで都合3度はびっくりさせられています。

特にこのBlogの右端にいつも表示されている「法務担当者のための民事訴訟対応マニュアル」や、「法務担当者のためのもう一度学ぶ民法(契約編)」は、私のお付き合いさせて頂いている法務担当者の方皆さん「わかりやすい」と口を揃えて絶賛しているほどです。


さて、そんな暑気払いですが、Cさんという非常に愉快な女性がいらっしゃったこともあり、大変楽しい時間を過ごすことができました。
しかしこのCさん、焼酎を頼むときに、「芋」「麦」「米」のどれにするか迷って、「ウシ」と言ったのには心底驚きました。


そんなこんなでとても楽しい一日を過ごすことができたのですが、声を掛けてくださった@kazu_satoさん、皆さん、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。




このエントリーを含むはてなブックマーク
スポンサーサイト

西岡利晃選手が3度目の防衛に成功!

2009年10月11日
WBC世界スーパーバンタム級王者の西岡利晃が、昨日3度目の防衛に成功したそうです。

最近はあまり観戦する時間と興味が薄れてきているのですが、私はもともとボクシング観戦が割と好きで、中でも西岡利晃選手のことは、デビュー当時から応援していました。
西岡選手は、辰吉丈一郎を2度もKOで下したタイの英雄、ウィラポン・ナコンルアンプロモーションに4度挑戦し、2度の引き分けと2度の判定負けを喫した経験の持ち主です。
当時全階級を通じて最も安定しているチャンピオンと言われていたウィラポンが相手でなければ、西岡選手はとうの昔に世界チャンピオンになっていたことでしょう。

個人的には、当時(2000年頃)の西岡選手のルックスと、痩せていた僕のルックスが非常に似ていると言われていて、とても親近感を持っていたものです。

さて、その西岡選手はバンタム級からスーパーバンタム級に階級を上げ、あっさりと世界チャンピオンになったのですが、選手として最も脂がのっていた時期をバンタム級でウィラポンを倒すことにこだわっていたことが悔やまれます。
その後、長谷川穂積選手がウィラポンを倒すことに成功し、現在もバンタム級で防衛を続けているのですが、西岡選手が戦った頃のウィラポンであれば、いかに長谷川選手であっても倒せたかどうか微妙なところです。

私がこれまでに観た日本人の試合で最も興奮したのは、「畑山隆則対坂本博之」ですが(これは試合に至るまでのストーリーを含めて、最高のドラマであり、ボクシングというスポーツの魅力が全て出ていると思います)、「ウィラポン対西岡利晃」の2001年の試合も、西岡贔屓の私としては、悔しくて悔しくて涙がでそうなほどの名勝負でした。

そんなわけで、ボクシングを観戦するときはスコアを付けながら観る、というほどのボクシングファンだった私も、最近はじっくりと観戦する時間を持てないのですが、これまで封印していた数々の趣味も、少しずつ解禁していきたいなあ、なんて思っています。







このエントリーを含むはてなブックマーク

中山先生との蜜月関係のこと

2009年10月11日
中山式快癒器 2球式(首筋・肩用)強弱機能付中山式快癒器 2球式(首筋・肩用)強弱機能付
(2005/07/04)
中山式

商品詳細を見る



私が幼かった頃、しゃがんで作業をすることの多い私の父は、腰の痛みを和らげるためにこの「つぼ押し器」を愛用していました。
その頃の私は、腰のつぼ押しの気持ちよさを知る由もなく、「変なモンがあるなあ」程度に、この「つぼ押し器」を見ていました。

それから30年。
私もこの「つぼ押し器」を愛用することになるとは、当時の私には予想すらできませんでした(笑)

この「つぼ押し器」の凸部分にはバネが入っていて、「いい感じ」につぼを押してくれるのです。
私はこの「つぼ押し器」を「中山先生」と呼んでいて、毎晩寝る前に腰をマッサージしてもらっています。

座りっぱなしのことが多いであろう法務パーソンの皆さんも、30半ばを迎える頃にはきっと腰に爆弾を抱えているはず。

月に一度の楽しみにしているマッサージと併せて、私はこの「中山先生」に日々のメンテナンスをお願いしている次第です。


※運動不足もあって腰が痛いのは明白なので、「スポーツ」のカテゴリーに入れてみました。



このエントリーを含むはてなブックマーク

皇居ランニングデビュー

2008年10月18日
昨日は職場の人たちに誘われて、仕事が終わったあと、皇居の周りを走りました。
皇居ランニングデビューです。

半蔵門にあるお風呂屋さんが荷物を預かってくれるので、そこで着替えて、いざ皇居へ。
金曜日の夜だというのに、大勢の人たちが走っています。

軽く準備運動をしてスタート。
東京FM半蔵門スタジオの前から、反時計回りに走ります。
東京タワー、国会議事堂、皇居のお堀と、綺麗な景色が続くので、キョロキョロしながら走りました。

でも、そんな余裕も、半周を過ぎる頃にはなくなりました。
竹橋のあたりからは上り坂になるのですが、これがキツイ。
皇居の広さがうらめしくなるほどでした。

1週5.5km。32分30秒でした。
一緒に走った46歳の男性と、40歳くらいの女性が32分丁度くらい。29歳の女性は27分。
54歳の男性が33分。
うーん、微妙。
私以外は、このコースを何度か走っている人たちではあるものの、一回り年上の人に負けるとは・・・

2週目は36分でした。


それにしても、気持ちがいいものですね。
走ったあとは、お風呂屋さんで汗を流し、隣の中華料理屋で軽い夕食をとりました。

たばこをやめて早1年。
まさかマラソンに挑戦しようなどとは、1年前には思ってもみませんでしたが、体を絞って健康体になるためにも、週に2~3回は走ろうと思っています。

早速、こんな本を買ってみました。

ランニング・スタート・ブック (趣味の教科書)ランニング・スタート・ブック (趣味の教科書)
(2008/04)
ランニング・スタイル編集部

商品詳細を見る


ランニングを趣味として楽しんでみようかと思っています。


それにしても、皇居にお住まいの方々は、自分の家の周りをみんながグルグル走っているのって、どんな気分なんでしょうか。
私の小さな家の周りを知らない人がグルグル走っていたらイヤだなあ。
このエントリーを含むはてなブックマーク

東京マラソン2009に応募してみた。

2008年09月02日
来年3月開催の、東京マラソンに参加することにしました。
とは言っても、応募多数の場合は抽選になるそうなので、参加できるかどうかは未定です。前回は5倍の競争率だったそうなので、割と狭き門です。

本当をいうと、長距離走はキツイので嫌いなのですが、痩せるためにジョギングをしようと思っていた矢先に会社の人から誘われたので、二つ返事で参加を決めてしまいました。
でも学生時代の「マラソン大会」などではいつも優秀な成績で、陸上部よりも早かったりしました。負けず嫌いだったんですね。

そうは言っても42.195kmは初めての挑戦です。このブクブクと太った体のままでは、その10分の1も走れないでしょう。
参加できるかはわかりませんが、健康的に痩せるためにも、3月に向けてジョギングを始めようと思います。

ちなみに一緒に参加するのは、40~50過ぎの我が社経営層。それに比べるとまだまだ若い私が、負けるわけには行きません!




このエントリーを含むはてなブックマーク
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。