スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーを含むはてなブックマーク

今さら2012年を振り返る

2013年01月14日
いやはや、時間が流れるのは実に早いもので、気が付くと8ヵ月ほどBlogを更新していませんでした。

久しぶりにアクセス状況を見てみたところ、頻繁に更新をしていたころの半分以下にPVが落ちているものの、毎日それなりに見にきてくださっている方々がいて、中には「拍手」をクリックしてくださる方もいたりなんかして、何ともありがたく思っています。


せめて年末に「一年の振り返り」のようなものを書こうと思っていたのですが、なぜか正月休みが終わったこの時期に振り返ってみようと思います。
ごく私的な話題ばかりなので、その点ご容赦を。


まずはいくつか活動報告のようなものをご紹介。
前回のエントリで自慢させてもらったのですが、本Blogの記事を、日経新聞の広告に引用して頂いたのが3月のこと。
その前だったか後だったか記憶が定かではないのですが、同じく日経新聞にインタビュー記事を載せてもらう機会がありました。
企業法務担当者の声ということで匿名ではあったのですが、貴重な経験をさせて頂いて、関係者の皆様に感謝です。
ただ、「そうは言ってないんだけどなぁ・・・」という部分があり、もっと正確に理解してもらえるように話をする必要があるぞ、と反省する内容でしたので、自慢は控えめにしておきます。

また昨年は、某人気法務雑誌に、はじめて実名で記事を書かせて頂きました。
これまた書いているうちに自分のこの一年の勉強不足を思い知り、「いかん、いかん」と、反省することしきりでした。

あとは、ちょっとしたご縁から、何度か教えを請うたことのある大学教授に声をかけて頂き、専門書に13ページほど、経営に関することを書かせて頂きました。
これも実名での執筆だったのですが、amazon では編著者である教授しか名前が出ていないという、何とも淋しい状況になっています。

そのようなわけでこれまで、「何となく匿名で活動してるけど、その気になって調べれば誰だかわかる」というような曖昧なスタンスでいたのですが、少しずつ実名寄りになってきている感じではあります。
まぁ、そんなことはどうでもいいですね。


次に仕事のことをちょびっと。
「風にころがる企業ホーマー」というBlog名のとおり、コロコロと転がりながらいろんなところでいろんな仕事をしてきた私ですが、企業法務というホーム(ダジャレではない)から少しフィールドが拡がり、昨年から管理部門全体をみる立場になりました。
財務・経理、人事、システムなどなど、それぞれに専門知識をもった人材がいるので、実務をバリバリやるわけではないのですが、判断をする必要は当然あるので、知識を深めたいことがてんこ盛りです。

「少しだけ、無理をして生きる」
という城山三郎の本がありますが、いつも「ちょっと難しいかなぁ」ということに挑戦してきた私。
今は「かなり、無理をして生きる」になっているような気がしていますが、きっともう少しすると「少しだけ」になるんじゃないかと思い、頑張っとります。


最後に極めて私的なことを少し。
2月頃だったか父親が脳のトラブルで倒れ、70歳を過ぎて初めて入院し、病院の検査を受けてリハビリをするということがありました。
幸い大事には至らなかったのですが、バイク屋の経営を続けるのはもう難しいだろうということで、両親揃って東京に引越してきました。
私のきょうだいはみな、20年ほど前から両親のもとを離れて今は全員東京に住んでいるので、これでようやくまた、家族全員が近くに住むことになったわけです。
15歳で丁稚奉公に出て、60年近く働き続けてきた父親と、一緒に店を支えてきた母親。
3人の子供たちを大学にまで行かせてくれた両親に、これからできる限りの恩返しをしたいと思っています。



そのようなわけで、なんやかんやと慌ただしく過ぎていった一年でしたが、あらためて私にとって大切なことが何かを考える一年でもありました。

感謝の気持ちを忘れないこと。
初心を忘れないこと。

私がいつも大切にしているこの二つのことを、(少し遅れたけど)年始に記しておきたいと思います。


今年はもう少し更新頻度を上げたいと思いますので、今後ともごひいきに!
ではでは。

(次はNBLの、とある記事について書くつもりです!)
このエントリーを含むはてなブックマーク
スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。