スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーを含むはてなブックマーク

夏の風物詩 

2009年08月03日
6歳の長男は虫が大好き。

毎年夏になるとセミを筆頭に、トンボ、バッタ、カマキリなどを大量に捕獲します。
そして家で放し飼いです。

我が家の狭い庭には、探せば大抵カエルが一匹や二匹はいて、それらも長男のお気に入り。
昨日捕まえた500円玉サイズのカエルは、水を少しだけ入れたビニール袋に入れておいたところ、脱走してしまい、我が家のリビングのどこかを逃走中。
嫁さんは、「踏んだらどうするのよ!」と怒っていますが、長男は、「踏まないでね」と違う意味で心配しています。

夏は楽しい。



追記:
この記事をアップした直後、朝食を作っている妻が、「わっ!カエルがいた!」と小さな叫び声をあげました。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。