スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーを含むはてなブックマーク

ビジネス文書の基本を学べる本「弁護士が書いた究極の文章術」

2009年08月10日
仕事柄文章を書くことが多く、ビジネス文書を書くことにそう苦労することはないのですが、「文章術」や「書く技術」というようなタイトルを見かけるとついつい買ってしまいます。

弁護士が書いた究極の文章術―誤解なく読み手に伝える書き方のヒント28弁護士が書いた究極の文章術―誤解なく読み手に伝える書き方のヒント28
(2009/03)
木山 泰嗣

商品詳細を見る


結論からいうと、これはビジネス文書をあまり書きなれていない人向けの本です。
カギカッコを使えだとか、接続詞に注意しろだとか、「そうだね」ということが書かれています。
ところどころ、司法試験受験者を意識したような、司法試験論文作成のテクニックに話が及んでいて、ターゲットを絞り込めていない感が見えますが、司法試験論文を通してビジネス文書作成の技術を学ぶというのは、割と有効な手段だとは思います。

この本に書いてあることは、守・破・離の「守」にあたることばかりですので、ビジネス文書作成に苦手意識がある方は、読んで実際に書いてみるといいかも知れません。

実際、ビジネス文書にやや苦手意識を持っている妻に紹介したところ、割と気に入った様子です。

ビジネス文書を正確にわかりやすく書く技術、というのは現在のビジネスパーソンにとって必須の科目なのかも知れません。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。