スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーを含むはてなブックマーク

「クローバーフィールド」をBBMで楽しむ

2009年08月16日
クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/05/22)
リジー・キャプランジェシカ・ルーカス

商品詳細を見る




自分でも最近まで気づかなかったのですが、私は案外「パニック映画」が好きなようで、古くはタワーリング・インフェルノ から、インデペンデンス・デイ アイ・アム・レジェンド など、アタマを使わないで済む「パニック映画」を結構観ています。

休暇を取った時などに、妻と映画館に足を運ぶことが年に数回あるのですが、大抵はこのような映画をドキドキしながら観ることにしています。
というのも、妻と私とでは映画の趣味が全く違うため、「誰でも楽しめる映画」という条件で映画を探すと、「アクション系パニック映画」や「SF系パニック映画」に落ち着くことが多いのです。

先日休暇を取った時にもやはり、妻と一緒に映画を観に行きました。
その時にはノウイングという映画を観たのですが、世間の評価とは異なり、私にとってはとても面白い作品でした。
これらのハリウッド映画はいつも、パニック→家族や恋人との別れ、という展開を辿るのですが、私はこの単純な展開に、「だまされてはイカン!」と思いながらも涙してしまうのが常です。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、ノウイングを観た帰りに、「そういえばまだ観てなかった」と、TSUTAYAで借りて帰ったのが「クローバーフィールド」。
ここ1年ほど、家でDVDをきっちり観る時間を取れず、借りては観ずに返す、ということを繰り返していたこの映画を、今度こそ観てやろうと再度借りてきました。

さて、子供を寝かしつけた後、妻と二人で観ることにしました。
しかし今日(正確には昨日)は、朝4時起きでカブトムシ捕りに行ったので、二人とも眠くて仕方がない。
本編が始まって10分後には、「先に寝ます」と妻は寝てしまいました。
仕方なく私は一人で観ることにしたのですが、いやはやこれはなかなか面白い映画ですよ。
ネタバレしてしまうので詳しくは書きませんが、登場人物に感情移入できる人には、堪らなく恐ろしい映画です。
いろいろなところで批判もされているようですが、あまり細かいところに突っ込みを入れずに楽しめば、とてもドキドキする映画です。
「えっ!もう終わり?」と、思ってしまうのですが、それはまたそれで良かったように思います。
(何だか「ふわっ」とした言い方しかできなくてスミマセン)

個人的にはいっそのこと、ウルトラマンが出てくればいいのに、と思ってしまいましたが・・・
ちなみに、マリーナという女性が妻の妹にそっくりで、他人とは思えませんでした。

そんなわけで「クローバーフィールド」、BBM(バカになってボーっと観る:新語)に徹すれば、80分の恐怖を存分に味わえる映画です。



(いま、相当眠いです。)


関連記事
スポンサーサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。