スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーを含むはてなブックマーク

好不調の波に合わせて動くことの重要性について

2009年09月11日
よく言われることではありますが、人生というものにはやはり、好不調の波というものがあるものだと、実感しています。
そしてそれとはまた別に、バイオリズムというような、体の好不調の波も存在します。

体の好不調の波というのは、自覚症状がたいていの場合あるもので、「下降気味だから少し休養をとろう」と、アクセルを緩めたり、時にはブレーキを踏んだりすることができることが多いものです。

しかし、人生の好不調の波というのは、注意深く自分自身のことや周囲のことに気を配っていないと気がつかないことが往々にしてあります。
これに気づかず、下り坂でアクセルを踏み込んだり、上り坂でアクセルを踏まなかったり、というような間違いを犯すと、物事はあまりうまくいきません。

私はようやく最近になって、これらのリズムを感じ取ることができるようになってきました。
まだまだ気づくのが遅れて、下り坂でアクセルを踏んでしまうようなこともあるのですが、自分自身である程度メリハリをコントロールできるようにはなってきたのではないかと思っています。

そして人生の好不調は、体の好不調の波とも密接に関わっているので、体調が悪いときには少しゆっくり進むことが大切なんだなあ、なんてことをぼんやり考えたりしています。

(最近、絶好調です)
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。