スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーを含むはてなブックマーク

「レバレッジ・シンキング」 本田直之

2008年07月14日
また本田直之さんです。
これで本田さんの著書はすべて読破かな?

レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術
(2007/06/29)
本田 直之

商品詳細を見る


この本、表紙に惹かれます。
本田さんの著書の表紙はいつも、本田さんが愛用しているものの写真なのですが、今回はデスクです。
人のデスクを観察することが好きな私としては、この写真はたまりません。
早速真似をして、職場のPCを正面から左手に移動しました(笑)
他の著書で紹介されていたamadanaの計算機やマッジョーレのペンケースなどの姿も見られます。

この「レバレッジ・シンキング」ですが、他の著書である「レバレッジ・リーディング」や「レバレッジ人脈術」などの一連のシリーズの上位概念にあたるものだそうで、内容的には「まとめ」的なものになっています。
ですので、他の著書を全部読まれた方には、目新しいことはないかも知れません。
逆に言うと、本田さんの考えを概観されたい方や、これからレバレッジシリーズを読もうという方にいいかも知れません。

それにしても本田さんは、「うすうす感じていたけど、意識して考えたことがなかったんだよなー」というようなことを言語化するのが、とても上手な方だと思います。

ゴールには長期的ゴールである「ライフデザイン」と、短期的ゴールである「現在の仕事の課題」などがありますが、現状とゴールを見比べると、明らかなギャップがあるはずです。
あなたがやるべきことは、このギャップを埋めることです。それを効率的に達成できるように、パーソナルキャピタルを構築する必要があるのです。



確かにそのような、「ギャップを埋める」作業をしていますが、はっきりと言語化してもらってはじめて、意識しました。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。