スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーを含むはてなブックマーク

「幸せな経済自由人の金銭哲学」 本田健

2008年07月14日
お金を求めることに、どこか後ろめたさを感じていた私ですが、最近吹っ切れました(笑)
やはりお金は大事です。

学生時代、クレジット会社に返すお金をクレジット会社から借りて返すというような生活をしていた私ですが、「なくても何とかなる」と、妙な方向に割り切ってしまっていました。
そして「お金に拘るのは汚いこと」というような思考になっていました。青臭いですね。

昨年体調を崩し、家族と住宅ローンを抱えたまま失業生活をして、吹っ切れました。
「お金もほしい」

そんな私が、以前であれば絶対に読まなかった類の本です。

幸せな経済自由人の金銭哲学 マネー編 (ゴマ文庫)幸せな経済自由人の金銭哲学 マネー編 (ゴマ文庫)
(2008/07/03)
本田 健

商品詳細を見る


著者はあの、「ユダヤ人大富豪の教え」の本田健さんです。

「あなたの人生は、お金の影響力に支配されている」という章で、以下のような記述があります。少々長いのですが、引用します。

お金は、私たちの日常生活をほぼすべてコントロールしているといっても、言いすぎではないと思います。
あなたの経済状態は、今住んでいる家、家具、着ている洋服、車、通うレストラン、時間の使い方のすべてを決めています。収入や資産に応じて、人は、自分の持ち物のグレードを決めています。
持ち物だけではありません。ライフスタイルや人生も、決めているかもしれません。不労所得が、3000万円以上あると、海外に住むケースが増えます。季節外れに、ハワイの高級ホテルのプライベートビーチへ行くと、そういうお金持ちがゆったりとした休暇を過ごしています。
旦那さんの年収が800万円を超えてくると、奥さんが専業主婦になる確率がぐっと増えるというデータもあります。
年収が3000万円を超えると、自分の車で移動する傾向が強まります。そんな彼らも、年収が1億円を超えてくると、自分ではなく、運転手が運転することが多くなるでしょう。
また、子供の教育でも、学校、塾、海外留学させるかどうかなど、お金の影響はいたるところにあります。自分や家族が病気になったときも、どのクラスの医療を受けるかで、寿命の長さまで変わってきます。



私はこれを読んでショックを受けました。
皆さんはどうでしょう?
当たり前のことかも知れませんが、ここまではっきり言われるとショックです。

お金が人生に及ぼす影響の大きさを感じ、お金に対する変な先入観をなくそうと思いました。


でも一つだけ。
世の中には、全然幸せじゃないお金持ちも沢山います。
以前勤めていた職場の代表は、数十億円規模の資産を持っていましたが、ちっとも幸せそうではありませんでした。いつもアタマの中はお金のことばかり。集まってくる人も、その代表のお金目当ての人ばかり。お金を使って楽しむこともせず、貯めることが目的化していました。
ほかにも数人の大富豪を見てきましたが、とても「うらやましい」とは思えないような人達でした。

この本のタイトルにあるように「幸せな」がつくお金持ちになりたいものです。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。