スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーを含むはてなブックマーク

千葉博弁護士のブログが最近よく更新されています。

2009年10月06日
千葉博弁護士のブログは、先生が早稲田セミナーの講師をされていることから、司法試験受験生向けの記事が多いのですが、ここのところ連日更新されているので、いつも拝読しています。

私は、仕事をしながら司法試験受験生を1年間だけ(笑)やっていたこともあるので、千葉先生のことは随分前から存じ上げています。
通っていた受験予備校は早稲田セミナーではあったのですが、別の先生の授業を受けていました。

それから数年後。
ある飲料メーカーに企業法務担当者として転職した私は、仕事で千葉先生とお付き合いができることになりました。
千葉先生は当時、別の弁護士と共同事務所を経営されていらっしゃいました。
私の勤めていた飲料メーカーには、顧問弁護士が数人いましたが、顧問ではない千葉先生が最もキレる弁護士だったので、何かと相談に乗ってもらっていました。

日常的な取引に関する相談や訴訟まで、幅広くお願いしていたのですが、他の大手事務所のように「強欲」ともいえるようなチャージをしてくることもなく、お忙しい中、本当に親身になって下さったものです。
一度、「千葉先生vs大手事務所の弁護士数名」というような状況で交渉をしたこともあるのですが、千葉先生の方が数段上。頭の回転の速さ、ロジック、物腰を含めた対応力、全てにおいて圧勝だな、と感じたものです。

私の個人的な相談事でお世話になったこともあり、現在の職場でも「当然」千葉先生にお願いするつもりでいました。
しかし私が現在の会社に入社するのと、ほぼ時を同じくして、千葉先生は独立され、「千葉総合法律事務所」という事務所を表参道に開かれました。
そしてあまりの多忙さからか、私が低レベルな相談を連発するからか、段々と疎遠になってしまっていました。

その後、私の勤める会社の都合もあって、大手弁護士事務所と顧問契約を結んだのですが、大手のパートナー弁護士よりも千葉先生の方がよかったなあ、思うこともしばしば。


さて、そんな千葉先生なのですが、いつも笑顔で、しかもエネルギッシュに仕事をこなすので、メンタル・フィジカル両面ともに相当強い方だと思っていました。
しかし今回先生のブログを拝読し、私と同じように自律神経失調症を患ったことがあると知り、驚きました。
そうは言っても、自律神経失調症になる人がメンタル面が弱いなどといったことはなく、ついつい頑張り過ぎてしまう人や、自身のストレスに無頓着な人が罹ることも多いそうなので、先生はそのタイプなのかも知れません。
私自身も、自律神経失調症に罹る直前まで、「オレはストレスを感じたことがない!」などと豪語していたバカちんでしたし(笑)


でもやはり私が思うのは、どんな人でもストレスで体に不調を来たす可能性はある、ということと、精神的な要因で病気になった場合でも、必ずまた元気に働ける日がくる、ということです。
現に、千葉先生の働きぶりを見たら、普通驚きますよ。
まともに昼食を摂らないし、待ち合わせ時には立ったままノートPCで仕事してるし。
とても自律神経失調症で苦しんだ過去があるとは思えません(笑)

千葉先生の別のエントリーにもありましたが、「好きなことを大事にする」というのは、ストレス対処にとても良いのかも知れませんね。









関連記事
スポンサーサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。