スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーを含むはてなブックマーク

「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」 山田真哉

2008年07月14日
前回のエントリーで少し触れた、会計に関する本のうちの一冊。

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)
(2005/02/16)
山田 真哉

商品詳細を見る


いまさら説明するまでもないですね。
数年前に購入し、積読してました。

確かにこれは売れるわ。
面白いもの。

著者の山田真哉さんは、現在NHKで放映中のドラマ「監査法人」の監修もつとめていらっしゃるそうですし、他の著書もドラマ化されるとのこと。今や引っ張りだこです。

「わかりやすい」と標榜した会計本は巷にあふれていますが、本当にわかりやすい一冊を探していらっしゃる方には、是非この本をお勧めします。
そして前回のエントリーで紹介した「決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (朝日新書 44)」で、知識を深めるというのがいいのではないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。