スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーを含むはてなブックマーク

結構文具にこだわる、という話の続き

2009年10月12日
先日のエントリーで、私は案外文具にこだわる、ということを書いたのですが、気分や雰囲気という感覚的なもので、仕事や勉強へのモチベーションが上がるということはよくあることです。

そこで先日ご紹介した三菱のジェットストリームというボールペンを、メインの筆記具として使用している私ですが、ここ一番では万年筆を使うこともあります。

万年筆


上はLAMYのサファリという、超メジャーな万年筆ですが、気軽に使える万年筆で重宝してます。
本国では子どもに筆記具の持ち方を教えるために使用したりすることもあるらしく、正しい持ち方で持てるような形状になっています。
我が家の長男も、私の部屋にやってきては、この万年筆で何やら絵を描いたりしています。

下はウォーターマンの万年筆です。
ウォーターマンのブルーブラックというインクは、とても美しい色で、字を書いているだけで気分がよくなります。
これは手紙を書いたりなど、ここ一番で使う万年筆です。
あと、原田宗典さんのセミナーで、「詩を写す」ことを教わって以来、気持ちを落ち着けたいときなどに、この万年筆で原稿用紙に好きな詩を書き写したりしています。


そんなわけで、今日は私の愛用文具の紹介続編でした。







関連記事
スポンサーサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。