スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーを含むはてなブックマーク

もう「イファース」でいいんじゃないか、と主張してみる。

2009年11月05日
以前、「IFRSの読み方をそろそろ統一しましょうよ。」ということを書いたのですが、「IFRS 読み方」という検索ワードでたどり着かれる方が非常に多い状況になっています。
皆さん、どう読めばいいのか、どう読めば恥をかかないのか、というようなことに苦慮されているようです。

ところで昨日、ある監査法人主催のセミナーに参加したのですが、そこでは公認会計士や何だかとてもエライらしい大学教授などが次々に演壇に立って話をされていました。
そしてそろぞれIFRSに言及されていたのですが、「アイエフアールエス」と読む方、「イファース」と読む方、「アイファース」と読む方、見事に三種類でてきましたね。

私の会社に出入りしていらっしゃる公認会計士の方は「イファース」と言っているので、社内ではその読み方に統一した方がすっきりするので、私は「イファース」にします!

ホントにどうでもいいことだけど、共通のコトバを使わない座りの悪さってのは確かにあるので、早く定着しないかな、と思う今日この頃。


ちなみにずっと以前に書いたのですが、「施行」は「シコウ」と読むべきか「セコウ」と読むべきか、というのも同じような「座りの悪さ」を感じている言葉の一つです。私は「シコウ」と読んでますが。




関連記事
スポンサーサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。