スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーを含むはてなブックマーク

小金井公園に行ってきました。

2009年12月26日
先日、小金井公園に行ってきました。

東京の西半分に住んでいる方以外、あまり馴染みがないかもしれませんが、武蔵野地区を代表する大きな公園の一つです。

自宅のお隣さんから、「子供向けの自転車コースがある」という情報を聞き、「それは面白そうだ」ということで、クルマで出かけました。
途中、独身時代に住んでいた三鷹のアパートを見物し、小金井公園に到着。
駐車場にクルマを停めて、早速「自転車コース」に向かいました。

今どきの子供は、だいたい4才頃から「補助輪付き自転車」に乗り始め、5才になる頃には補助輪が外れるのが相場のようです。
わが家の長男も、4才の誕生日に自転車を買い与え、5才になる前には補助輪が外れています。
そして長女ももうすぐ4才になるのですが、やはり4才の誕生日に自転車を買おうと計画しています。

しかし長女は保育園の同じクラスの子に比べ、一回りほど体が小さく、「あんよが上手ねぇ」などと声をかけられることもあるくらいなので、「自転車はまだ早いかな」という気持ちもありました。
そんな折、小金井公園の「子供向け自転車コース」では、各種サイズの自転車を貸してくれ、その中にはもちろん補助輪付きもあるというので、試しに乗せてみようと思ったわけです。

利用料は1時間100円~200円。自転車のサイズによって料金が異なりますが、かなりアバウトな運営なので、違う自転車に適当に乗り換えても特に注意をされることもないようでした。ヘルメットも無料で貸してくれます。

わが家の長女は、「ネタかよ!」と言いたくなるほど、愛嬌があるというか滑稽というか、絶妙なタイミングで転んだり落ちたりする習性があります。
例えば、「ママー!」と言いながら走ってきて、目の前で思いっきり転んで泣くなどというのは日常茶飯事。
今回も補助輪付き自転車に跨った途端、ハンドルがクルッと回って自転車ごと転び泣いていました。
しかしめげずに自転車に初挑戦。

小金井公園2

案外すんなりと自転車を漕ぐことができました。
うれしくなったようで、子供用コースをグルグルと回っていましたが、補助輪が段差に乗っかって「ママー!」と泣いていたら、近くにいたお父さんに救出されるという一幕も。

長男は、色々な自転車を試し乗りして、子供用コースをかっとばしていました。


自転車のコースは子供用以外に、普通コースや小学校高学年以上コースなど3種類あったので、家族みんなでサイクリングをするのも楽しいかも知れません。
もちろん、補助輪を外す練習にももってこいの場所でした。
ちなみに僕が小さいときは、「うるさいから外せ」という兄の一言により、補助輪をつけることは許されませんでしたが・・・


小金井公園にはほかにも大きなアスレチックなどがあり、家族で一日楽しめる場所です。

小金井公園3

寒い時期ではありますが、お子様のいる方にはオススメです。












関連記事
スポンサーサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。