スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーを含むはてなブックマーク

心安らぐ音楽の数々

2009年12月30日
昨日が年内最後の出勤日でした。

公私ともに張り切りすぎた夏の疲れを、ずーっと引きずったまま秋が終わり、あっという間に年末を迎えてしまいました。
12月の法務は、トラブル対処の案件が大量に舞い込み、何とも慌しい毎日でした。
しかしまずは、無事に年末を迎えられたのでよしとしたいと思います。

そんなわけで12月はとにかくハードな毎日で、肉体的にも精神的にもギリギリの状態でした。
そこで通勤中に聴く音楽で、気持ちをスッキリさせる工夫をしていました。

例えばこれ。

孤独なランナー孤独なランナー
(2005/09/21)
ジャクソン・ブラウン

商品詳細を見る


原題は「Running on Empty」。Jackson Browneの代表作の一つです。
このアルバムのラスト2曲、「The load-out」と「Stay」がとても美しいメロディで、心が洗われるような気持ちになります。
ところで、私がこれまで使っていた第2世代のiPod nanoやクルマのHDDでは、本来曲と曲がつながっている構成のものであっても、一瞬無音状態が入ってしまっていました。
しかし先日購入したiPod touchでは、CDで再生したときと同じように曲がつながって聴けるということに、このアルバムで気付きました。

続いてこれ。

Storm FrontStorm Front
(2008/02/01)
Billy Joel

商品詳細を見る


Billy Joelといえば、「Stranger」や「52nd street」などの名作がありますが、「Storm Front」も名曲揃いの名盤です。
特にラストの「And so it goes」は、ピアノが美しい一曲です。

さらにベタですが、これ。

ナッシング・ライク・ザ・サンナッシング・ライク・ザ・サン
(2008/08/02)
スティング

商品詳細を見る


Stingの代表作の一つです。
「Englishman in NewYork」が収録されていることで有名ですが、「Fragile」や「Secret Marriage」、「Little Wing」などの名曲が多数入っています。
「Little Wing」はジミ・ヘンドリックスのカバーなのですが、Cream(Eric Crapton)のカバーなどと聞き比べても楽しいかと思います。

そして毎度登場するGuns n' Roses。

Use Your Illusion IUse Your Illusion I
(1991/09/17)
Guns N' Roses

商品詳細を見る


「November Rain」は、ハードロックが嫌いな方でもいけると思います。


そんなわけで、心安らぐ音楽のご紹介でした。
今日はこれから年賀状に宛名を印刷してコメントを書きます。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。