スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーを含むはてなブックマーク

「税制適格ストックオプションの付与に関する調書」の話

2010年01月31日
いつも拝読している「司法書士内藤卓のLEAGAL BLOG」さんの記事。

税制適格ストックオプションの付与に関する調書の提出について



昨年ストック・オプションを発行した会社が、当該ストック・オプションを「税制適格ストック・オプション」として扱うためには、調書を明日までに税務署に提出しなくてはなりません。


忘れている方がいらっしゃれば、今から大慌てで取り掛かりましょう。
「うっかりしてました」じゃ済まない話になってしまいます。
海外に逃亡しなければ、取締役や従業員にタコ殴りにされます。


税制適格ストック・オプションの条件は、以前このBlogに纏めておいた気がしますが、纏めてなかったかも知れません。
今すぐ調べる必要がある方はググってみて下さい。

これから発行するんだよね、という方は、行使価額や行使期間を含め、かなり気を使うところですので、下記書籍を読まれることをオススメします。  

新株予約権、計算 (商業登記全書)新株予約権、計算 (商業登記全書)
(2008/10)
内藤 卓

商品詳細を見る


上記「司法書士内藤卓のLEAGAL BLOG」の内藤卓さんの本です。
実務に必要な情報をこれ以上きっちりと整理された本は、他にないと思っています。
しかも非常にマニアックな論点までカバーされています。
取得条項と行使条件を組み合わせた使い勝手のよいストック・オプションを模索していた頃の私に、大きなヒントを与えてくれた一冊です。


新株予約権・種類株式の実務―法務・会計・税務・登記新株予約権・種類株式の実務―法務・会計・税務・登記
(2009/01/05)
荒井 邦彦大村 健

商品詳細を見る


弁護士と公認会計士の共著です。
非公開会社がうっかり「募集」行為をしてしまわないためにも、金融商品取引法まで射程に入れた本書に目を通しておくことは有益かと思います。
さらにいえば、ブラック・ショールズモデルなどの、価格算定方法にも触れられているので、興味のある方にはたまらない一冊です。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。