スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーを含むはてなブックマーク

「対局時計Pro」を買ってみた。

2010年04月29日
毎度お馴染み、「企業法務について」のkataさんが最近リリースしたiPhoneアプリ、

「対局時計 Pro」

早速ダウンロードしてみました。
350円也。

詳しくはkataさんのエントリーをご覧頂きたいのですが、AppStoreには、以下のような商品説明がありました。


対局時計 Proは、囲碁や将棋、チェスなどの二人で対戦するゲーム用の時計です。
対局時計 Proは、単純な切れ負けにとどまらず、以下の様な多彩なオプションに対応しています。
- 4つのディレイ設定
 - ディレイなし
 - フィッシャーディレイ
 - ブロンシュタインディレイ
 - シンプルなディレイ

- 3つの秒読み設定
 - 秒読み設定なし
 - 日本式の秒読み(●秒を●回)
 - カナダ式の秒読み(●秒以内に●手打つ)

また、対局時計 Proは5つのセーブスロットを備えていますので、よく使うセッティングをすぐに読み込むことも可能です。



将棋は人並み程度にはやってきましたが、囲碁とチェスはルールも知りません。
そのためか、「ブロンシュタインディレイ」とか「カナダ式の秒読み」などと言われても、何のことやらさっぱりわかりません。

1年ほど前にグロービスの堀義人さんのお話を聞いて、「子供と囲碁をしよう」と思い立ったものの、まだ実行に移していないことを思い出しました。

さて、そんな私が「対局時計Pro」をダウンロードしてどうするのか。
そんなことは何も考えていませんでした。

せいぜい、
・kataさんに恩を着せる
・kataさんにクレームをつける
・利用方法は後で考える
くらいの考えしかありませんでした。


さて、ダウンロードしてみて早速いじってみたのですが、やはり私には使い道があまりないようです。
ただ、画面の右の方をタップすると右のタイマーがカウントダウンを開始し、左の方をタップすると替わって左のタイマーがカウントダウンするという、すぐれた代物であることだけは理解できました。
理解はできたけど、「使い道はやはりないな」と思いながら昨夜は寝ました。



話は変わって今朝のこと、早く目を覚ました4歳の娘が「しりとりをしたい」と騒ぎ始めました。
仕方がないので布団の中でしりとりを始めました。
「コップ」という4歳児らしい言葉に「プエルトリコ」と返し、その後も
「こま」
「マダガスカル」
「るす」
「スワヒリ語」
「ごま」
「マッチでーす」
などと、4歳児を愚弄するようなしりとりを続けていました。

しりとりを始めて1時間ほど。
ふと気づきました。

「対局時計が使える!」

そうです。
しりとりも「対局」なのです。

しかも子供特有の「無間地獄」から解放されるのに、時間制限を設けることは非常に有益です。
そんなわけで、kataさんの「対局時計Pro」の以外な利用方法を発見した祝日の朝でした。
子供とのしりとりやオセロ、ジェンガなど、ほかにも使い道はありそうなので、皆さんもダウンロードして使ってみてはいかがでしょうか。

もちろん「夫婦喧嘩の持ち時間管理」にも使えます。
公平に30分ずつ相手を罵ることができます。


----------

ところで先日、twitterで以前から相互フォローしている方から、「もしかして@kataxさんの関係者の方ですか?」と聞かれました。
これは「暴力団関係者の方ですか?」と聞かれるのと nearly equal なので、僕としては否定したいところでした。
しかし、twitterやBlogをチェックすればすぐにつながりが発覚してしまうので観念して「はいそうです・・・」とゲロしました。
何をもって「関係者」というのかは別として、ですが。













関連記事
スポンサーサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment
対局時計
はじめまして
対局時計を探していてこの記事に当たりました。
読んでいて引き込まれる魅力あふれる文章でした。
夫婦喧嘩の持ち時間性とか、発想の面白さに惹かれました。
Re: 対局時計
ぱら仙人さん、こんにちは。
お褒めのコメントありがとうございます。

一応法務ブログとして皆様に認知して頂いているようではあるのですが、その辺りに大したこだわりなく更新していますので、よかったらまた遊びに来て下さい。

ではでは。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。