スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーを含むはてなブックマーク

週末のできごとをズラズラとまとまりもなく書いてみる。

2010年05月31日
この週末、土曜日は長男の運動会でした。
雨が降りそうでしたが、何とか持ちこたえ、小学生になった長男のはじめての運動会を無事に迎えることができました。

メインはもちろん「かけっこ」。
一年前、「来年はこの運動会で走るんだぞ」と長男と観戦したことを思い出します。
そのときに一年生の走る速さというものをじっくりと研究し、「これなら1番になれそうだ」という感触を得ていました。

長男は保育園の年少さんからはじまった「かけっこ」で、3年連続1番でした。
だからといって「1番になりなさい」などと本人に言うことは全くないのですが、やはり「かけっこ」で1番になるというものは、本人にとっても(ばか)親にとっても嬉しいものです。
運動会というのは何だか血が騒ぎますよね。

運動会前日、長男は、「絶対勝てるよー」と余裕をかましていたのですが、まさに有言実行。
50m走で、ぶっちぎりの1番でした。
夜、一家揃ってビデオを見たのですが、「いいぞー!早いぞー!行けー!」という、ばか親の声がしっかり入っていました(笑)


僕は「原田宗典 武者小路実篤を朗読する」というイベントに参加する予定があったので、長男が出場する種目が全部終わった時点で急いで帰宅し、クルマで武者小路実篤記念館へと急ぎました。
その時の様子はまた改めて書きたいと思います。


そしてイベントが終わって自宅に帰ると、最近一緒に通学している長男の友達とその妹が遊びに来ていました。
長男には、「運動会で頑張ったらおもちゃを一つ買ってあげよう」と約束していたので、わが家一同+友達でゾロゾロとおもちゃを買いに出掛けました。

買ったおもちゃは最近子供たちの間で人気を集めている「ベイブレード」。
現代版ベーゴマのようなもので、部品を交換することによって「攻撃型」に変えたり「防御型」に変えたりして楽しむことができます。

噂には聞いていたのですが、これがなかなか面白そうだったので、僕の分も一つ買って、長男や友達と対決して遊びました。


そして今日、日曜日。
枕元で「ベイブレード」がゴーーー!と回転音を立てていたので、早くに起こされました。
少々迷惑な息子です。

今日は、もうすぐ7歳の誕生日を迎える長男の誕生日ケーキを注文しに行きました。
わが家では、毎年ケーキに絵を描いてもらっています。
昨年は「ティラノサウルス」、一昨年は「仮面ライダー電王」、その前は忘れましたが、僕の誕生日に「仮面ライダーカブト」を描いてもらったこともあります。
僕の誕生日のときには「メッセージは何と書きましょうか?」と聞かれ、「ひろくんお誕生日おめでとう、でお願いします」と、あたかも「今オレはお父さんとして、息子のケーキを注文しているのだ」というフリをして注文しました。
しかし続けざまに「ろうそくは何本入れますか?」と聞かれ、「34本」とは言えず、「よ、4本お願いします」と言った苦い経験があります。

さて、今年は何にしようかと長男に尋ねたところ、「これがいい」と、一冊の本を持ってきました。

はれときどきぶた (あたらしい創作童話 13)はれときどきぶた (あたらしい創作童話 13)
(1980/09/01)
矢玉 四郎

商品詳細を見る


僕が小学生の頃に出版された本で、先日図書館で見掛けて、懐かしくて借りてきたものです。
とても面白い話で、先日長男と長女に読んであげたところケタケタと大笑いしていました。
そして長男がケーキに描いてもらおうと開いたページは、ぶたが空から大量に降ってくる絵。

「えっ!?ウルトラマンとか仮面ライダーじゃなくていいの?」
と尋ねる僕に、「ぶたがいい」と答える長男。
「本人がそう言うならそれでいっか」と、本をお店に持って行きました。
「ぶたは6匹くらいしか描けそうにないですが、よろしいですか?」と地元の有名ケーキ屋のお姉さんは真顔で聞いてきました。
僕は「はい、ぶた6匹お願いします」と、やはり真顔で答えました。
どんなケーキに仕上がるのか楽しみです。


そしてその後、今年の長男の誕生日プレゼントを買いに行きました。

先日駅前に、小動物だけを扱うペットショップができたのですが、開店以来長男は休みの日には毎日そこに通い詰めています。
売っているのは、うさぎ・ハムスター・文鳥・カナリヤ・シマリスなど。
その中でも長男はうさぎがお気に入りです。

そこで今年の誕生日プレゼントは、うさぎにすることにしていました。
何種類かのうさぎがいましたが、長男は茶色の「ミニウサギ」が気に入っていたので、購入。
名前は「ぴょん太」と、長男が名づけました。

きちんと育てれば10年近くは生きるそうです。
そんなわけで家族の一員として、わが家にうさぎがやってきました。

ぴょん太


わが家には現在、ざりがに・かべちょろ(やもりのことを福岡ではこう呼びます)・かえる・かいこ・おたまじゃくし・ダンゴ虫・何かの幼虫などなど、様々な生き物がいます。
夏になるとこれにセミ・カブトムシ・クワガタ・バッタ・ちょうちょなど、さらに様々な生き物が加わります。

僕は小学生の頃、新築した家に引っ越した直後、「夏休みの研究」と称してシロアリを大量に捕まえてきて飼っていたことがあるのですが、それよりはまぁマシでしょう。

そんなこんなで、慌しく騒がしい週末でした。
いよいよ夏が近づいてきています。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。