スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーを含むはてなブックマーク

社内規程は法務担当者が作るのがよいのではないか、という控えめな提案

2010年07月13日
ここ数日、社内規程全般の改定作業をしています。

用語や体裁の統一はもちろん、規程間の齟齬や実運用との乖離の有無など、内容面をかなりきっちり確認しています。
そうするといくつかは、「これは取締役会の承認が必要だね」というような変更点を発見するわけですが、「これはテキトーに修正しておけば誰も気付かんもんね」というような誤字脱字系の修正点もみつかったります。

前者は新旧対照表を作成して取締役の方々に予めお知らせしておいたのですが、後者はテキトーな時期にテキトーに修正しておこうと、心の中にしまっています。

ところで社内規程というのは、その重要性の割に社内での地位が不当に低いよな、と感じている今日この頃。
規程の制定・改廃を法務が担当するのか総務が担当するのか、会社の方針や規模によっても違ってくるとは思いますが、個人的には法務が総元締めであることが望ましいように思っています。

もちろん、経理系の規程は経理部が、人事系の規程は人事部が、というように管理部門の中で起案部署を分担することは必要かも知れません。
ですが、規程相互間の矛盾を解消したり、必要な規程が調っているか、或いは内容は必要十分なものかなどをチェックしたりするのは、法務担当者の得意とするところではないかと思うわけです。たいした根拠はありませんが・・・
もう一つ、これもたいした根拠ではないのですが法務担当者が望ましい理由として、「規程の言い回しが法律の言い回しに似ている」、ということが挙げられるかと思います。

社内規程なので別に「法律っぽい言い回し」をする必要はありません。
ですます調でも、ハ長調でも、五七五でも、会社が好きなようにすればいいとは思うのですが、まぁそんなところで妙なこだわりを発揮しても仕方がないので、たいていは「法律っぽい言い回し」に落ち着くのではないかと思います。

そんなとき、法務担当者の体にじわーっと染み付いている、「法律っぽい言い回し」の技術が意外な威力を発揮します。
これは例えば、


お金の支払いが遅れたときは結構な利息を取るよ。


というのを、


支払いが遅延した場合には、支払期日の翌日から支払済みに至るまで、年14.6%(年365日日割計算)の遅延損害金を支払わなければならない。


などと、ちょっとそれっぽい言い回しにしてしまう、契約書作成の技術と同じようなものだと思います。

・・・やはりたいした根拠ではないですね。

とはいえ、その重要性の割に「規程のプロ」と呼ばれるような人があまりいないのも事実。なぜなら社内規程は、社内の人が作らないと「絵に描いた餅」になりがちだから。
ごくごく一般的な雛形で済ますことのできる規程もありますが、たいていは社内の実情をそれなりに見極めておかないと実に実効性の低い規程になってしまいます。

規程といえば、就業規則を始めとした人事系の規程類の作成を得意とする社会保険労務士の先生がいらっしゃいますが、「うちの会社にぴったりな購買管理規程を作ってください」と頼むのは、お門違いというものでしょう。
現に、規程類の書籍などを見ても、社会保険労務士の先生が書いた就業規則などの人事系規程に関するものは数え切れないほどありますが、会社に必要となる規程をある程度網羅的にカバーした書籍は数えるほどしかありません(しかも長期間改訂されていなかったりする)。

そんなわけで、法務担当者が経理・人事・総務部門などの協力を得ながら、制定・改廃されていくのが、社内規程本人としても幸せなのではないかと思いつつ、改定作業をしています。

ちなみに最近、規程を公開しているイントラネットの体裁をいじるために、HTMLをちょびっとだけ学びました。


関連記事
スポンサーサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment
はじめてコメントします。いつも楽しく拝見させて頂いています。ありがとうございます。


私も会社で法務のような仕事を担当しています。


今回の社内規程の話しはその通りだと思います。

これからも、ブログを楽しみにしています。
おとさんへ
おとさん、こんにちは。

コメントありがとうございます。
こちらこそ、いつも見て下さっているとのこと、ありがとうございます。

「法務のような仕事」が何なのか、非常に気になるところではありますが、あえてそこはそっとしておきますね(笑)

今後ともごひいき頂ければ嬉しいです。

ではでは。


No title
最近読み始めて勉強させて頂いております。
ところで、hiroさんは10年ほど前に、インターネット上のコンテンツを整理するために、テキストとhtmlどちらもOKなツールを作って公開されていませんでしたか?
私、使っていて重宝していたんですけど。間違いならすみません。
ごんべさんへ
ごんべさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

このようなBlogが、何かの役に立つようであれば、望外の喜びです。

ご質問の件ですが、残念ながら人違いのようですね。
10年前の私は、「htmlってなんだべさ?」というような感じだったように思います(笑)

今後もごひいきにして頂ければ幸いです。

ではでは。


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。