スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーを含むはてなブックマーク

法務パーソンとの出会いと、旧友からの手紙

2009年03月01日
先日、会社で加入している団体の会合に参加しました。
企業法務担当者が数十人集まったのですが、配属されたばかりの若手から、雑誌によく記事を書いてらっしゃるようなベテランまで幅広く集い、とても刺激的な時間を持つことができました。

私はよく人に、「人見知りしないでしょ?」と言われ、誰とでも気軽に話をしているように見られるのですが、実は案外緊張しています。
今回の会合も、一人も知り合いがいない中でのパーティーということもあり、初めは落ち着かずモグモグと食べることに専念していました。
そのうち、何人かの同年代の法務マンに話しかけていただき、少し口も滑らかになってきたので、先日雑誌に出ていらっしゃった、ある会社の法務部長の方とお話をしてみました。
これがとても面白い方で、昨今の金融危機に端を発する不景気から、国内外の弁護士費用を抑える必要があること、海外からのINVOICEが円高の影響で有利な支払いになっていること等、臨場感あふれるお話をしてくださいました。このあたりの為替の影響は、私の会社でもとても大きくなっているところでもありますので、非常に興味深いところです。

さて、10人弱の方と交流を持ち、会場を後にしたのですが、家に帰ると1通のハガキが届いていました。結婚報告のハガキです。
差出人は、5年ほど前に司法試験予備校で一緒だった女性。隣に写っているダンナさんは・・・よくみると同じく司法試験予備校に通っていた男性でした!この2人を含めた数人で何度か食事に行ったことがあったのですが、二人がそのような仲であったとは露知らず・・・
その男性は当時確か大学生で、法科大学院への進学が決まっていました。ということは、丁度今頃司法修習が終わった時期なのかも知れません。
それにしてもその女性はちょっと変わった女性でした。
帰国子女で、帰国後も経歴だけを聞くと超がつくほどのエリートなのですが、親に無理やり司法試験予備校に連れてこられ、でも何故か本人は歌手を目指している、というよくわからない人でした。

近いうちに食事に行こうと、メールをしておきましたが、何はともあれおめでとう。
末永くお幸せに!
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。