スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーを含むはてなブックマーク

本田直之さんの講演会に行ってきました。

2009年04月04日
今日は(厳密にいうと昨日ですが)、新宿紀伊国屋サザンシアターで開催された、本田直之さんの出版記念講演会に参加してきました。

このブログにおいても本田さんの著書は数多く紹介してきたのですが、ここのところの本田さんの作品はどうも新鮮味がなく、特に「面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則」に至っては、「レバレッジシリーズ」を再編集しただけ、との印象を受け、「出し尽くしてしまったのかな」と少々寂しく感じていました。

ですので今日の(厳密にいうと昨日ですが)の講演会も、そう期待してはいませんでした。今まで読んだことがある話を聞くことになるのかな、と。
しかし予想は見事に外れ、とても面白い話を聞くことができました。

今日の(厳密に・・略)講演会は、本田さんの新著「本田式サバイバル・キャリア術」の出版記念講演会でした。
私はまだこの本を読んでいなかったのですが、今日の話を聞く限り、今までの本田直之さんの本には書かれていなかったような話題が多いようです。

例えば「Sense of Urgency」。これを本田さんは「切羽詰まった状況」とおっしゃっていましたが、このような状況こそブレイクスルーの機会である、とのこと。
これには私も激しく同意します。
「7つの習慣」で、著者のスティーブン・R・コヴィーは、「重要かつ緊急でないこと」を行うことの重要性を説いていましたが、「重要なこと」というのはある意味「切羽詰まった状況」にあるからこそ重要なのかも知れません。いささか逆説的ではありますが。

さて、私にとっての「Sense of Urgency」は目下のところ、英語でしょう。
先日来、チリの会社との契約書やアメリカの破産管財人からのChapter11に関する通知などが立て続けに私に届いており、自分自身の英語力のなさを痛感しています。
さらに明日(厳密にいうと今日ですが)、5歳の息子が、保育園のお友達に誘われて、子供英会話の体験レッスンに行きます。もちろん私が連れて行くので、先生と何かしら話をすることになるでしょう。さらに今月は、仕事上も海外からの来客があるので、その準備もしなくてはなりません。
まさに「切羽詰った状況」です。
ここでブレイクスルーできるかどうかが、キャリアを積み重ねていくうえで、重要なのでしょう。




関連記事
スポンサーサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。