スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーを含むはてなブックマーク

朝にオススメの音楽  -仕事モードに切り替えるためのGuns n' Roses

2009年04月12日
私は通勤時、いつもイヤホンを耳に挿しているのですが、通勤時間はほぼ唯一の貴重な読書時間でもあるので、読書の邪魔にならないものを聞いています。
それは例えば洋楽であったり、ジャズであったり、英語のオーディオテープ(残念ながら音楽にしか聞こえない)であったりします。

でも、会社の最寄駅のホームに着いた途端、いつもお決まりの音楽に変え、音漏れがするほどボリュームを大きくします。
その音楽はいつもハードロックです。これは高校生の頃からなのですが、ハードロックで気分を盛り上げ、かつ精神を集中させるのです。
駅のホームから会社までの5分間は、私にとって、仕事モードに気持ちを切り替える時間なのです。

その時に聴くのは、Guns N' Roses、LedZeppelin、DeepPurple、Aerosmithなどといった、私やもう少し上の年代の方にとっては馴染みのあるものが多いです。
中でもGuns N' Rosesは、気持ちを切り替えるのに最適。大学受験の時にも会場までの道すがら、大音量で聞いたものですが、今でもそれは変わりません。

最近よく聴いているのが、アルバム「Use Your Illusion I」の「Right Next Door To Hell」です。
この曲のイントロは最高にカッコいい。
おどろおどろしいベースから入り、ギター、ドラム、ボーカルと加わって行く流れには毎朝シビレます。この、楽器が一つずつ加わっていく流れというのは、ハードロックの王道なのですが(例えばDeep PurpleのSmoke on the Waterなどもそうです)、Gunsはこの使い方が非常にうまいバンドでした。印象的なイントロの曲が多いのも、そのせいなのではないかと思います。

Guns N' Rosesの楽曲で、朝にオススメなのは他にも、It's So Easy、Sweet Child O' Mine、You Could Be Mine 等々、数多くあるのですが、一時2万円以上のプレミアがついた幻のアルバム、「Live From The Jungle」に収録された一曲、「Whole Lotta Rosie」は、仕事モードに切り替えるのに最適な一曲です。AC/DCのカバーですが、アクセルのボーカルとスラッシュのギターがはまっています。


そんなわけで、興味のない方には「なんのこっちゃ」というようなエントリーになってしまいましたが、「No Music,No Life」と本気で思っていた私の、朝にオススメの音楽でした。

Youtubeで、Gunsのカバーをしている人をみつけたのですが、スラッシュのギターを忠実にカバーしていて、これだけでも十分気持ちがいいです。
コレ
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。