スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーを含むはてなブックマーク

「レシートは大丈夫ですか?」

2009年10月29日
僕は1年半ほど前から、我が家の「損益計算書」を作っています。

「それ、家計簿じゃね?」

とおっしゃる方もいらっしゃるかと思いますが、違います、あくまで「損益計算書」です。
Excelで作った力作で、ちゃんと予実管理もできるようにしてあります。
日々の入出金を入力すると、月末には「月次損益計算書」が完成するようになっています。

学生時代から結婚するまでは、カード破産一歩手前の状況に陥るほど、自分のお金の出入りに無頓着だったのですが、結婚して随分更正しました。
こういうのを「婚姻更正法」とでも名づけましょうか(笑)

冗談はさておき、家計ぼ・・・ではなく「損益計算書」を作っている僕にとって、買い物をした時にレシートをもらえないのはとても困ります。
「たいした金額じゃないし、ま、いっか」
と出金をなかったことにすることもありますが、原則としてきちんとレシートは貰います。

ところが、渋谷あたりのコンビニなどで買い物をすると、おそらくレシートを受け取る若者が少ないのでしょう。当然のように、おつりだけ返ってきます。
そのような時は、「レシートもらっていいですか?」と丁寧にお願いをするのですが、店員の若い女性は「はーーい」と間の抜けた返事を返したりします。

今日、渋谷のセブンイレブンで買い物をしたら、

「レシート大丈夫ですか?」

と聞かれて、一瞬考えてしまいました。

リポビタンDの有名なコピー「ファイト一発!」を、「ファイトは一発、二発と数えるものなのか?」と、10年以上前ですが、原田宗典さんが突っ込んでらっしゃるのを思い出しました。

コンビニのレジでおつりを受け取る状況において、レシートは「大丈夫か、大丈夫じゃないか」という基準で計れるものではないのではないか、と、こう思うわけです。
「大丈夫か、大丈夫じゃないか」の基準で無理に回答しようと思えば、やはりここは「大丈夫じゃないです」と答えるべきだったのでしょうか。


何となく言わんとしていることはわかったので、「あっ、下さい」と答えましたが、もっと気の利いた返事をすればよかったと、少し悔やんでいます。

例えば、
「レシートにケガはないようです」とか、「ケッコー大丈夫」とか、逆に店員さんを困らせることができなかったという、僕に油断があったことを反省しております。


・・・・昼休みが終わります。

なぜ、セブンでバイトをすると3カ月で経営学を語れるのか?―鈴木敏文の「不況に勝つ仕事術」40 (プレジデントブックス)なぜ、セブンでバイトをすると3カ月で経営学を語れるのか?―鈴木敏文の「不況に勝つ仕事術」40 (プレジデントブックス)
(2009/05)
勝見 明

商品詳細を見る






このエントリーを含むはてなブックマーク

選挙ポスター

2009年10月19日
先日の衆議院議員選挙で街中にペタペタと大きな顔写真が貼ってあるのを見た6歳の長男が、しきりに、「あれは何だ?」と聞いていたので、「選挙」というものについて説明していた。

先日、近所の壁にこんなポスターが貼ってあった。

長男が、「これも選挙か?」と聞くので、「そうだ」と答えておいた。


このエントリーを含むはてなブックマーク

「ゴキブリ」のブランディング戦略

2009年10月14日
昔からよく思うのだが、「ゴキブリ」という名前は改めるべきではないかというのが個人的な意見だ。

そもそもゴキブリが人々に忌み嫌われる理由は主に、以下の3つではないかと考える。

①勝手に家に入ってきて、縦横無尽に素早く動き回る。更には飛ぶことさえある。
②黒光りしているうえに、超シャコタンである。
③名前が悪い。

上記のうち①と②については、それがゴキブリの特徴であるので、いかんともしがたい。
しかし③は、人間が勝手につけた名前なので、これはコントロール可能なものであり、一考の余地があるのではないだろうか。

是非もう一度声に出して呼んでみて欲しい。

ゴキブリ

やはり不快な響きである。
特に「ゴ」「ブ」と濁音が二つもあるうえに、「ブリ」という響きが相まって、不快感を増幅しているように思う。
ぶりの照り焼き「ブリテリ」であれば、濁音は一つであり、まだマシだ。
ブリトニー・スピアーズ「ブリちゃん」は、濁音が一つである上に、「ちゃん」付けなので、むしろ好感さえ覚える。

是非名前を変えて頂きたいと思う。

しかしここで問題点ばかり指摘していても発展性がないので、対案も示しておきたい。
たとえば、「シャンゼリゼ」などどうだろう。
フランス風の小粋な響きと、明るさを感じさせる言葉。
「シャンゼリゼがいる!」と聞いて、不快に思うことは若干減るだろう。

あるいは、「ボビー」。
「Hey Yo!」と気軽に声を掛けたくなるようなフランクな響きだ。

「ブラック・フェラーリ」。これは訴えられるだろう。

いずれにしても濁音二つと「ブリ」という組み合わせはネーミングセンスを疑ってしまう。
この際、電通や博報堂に依頼して、ゴキブリのネーミングとロゴ開発でもしてもらいたいものだ。

この案に同意して下さるかたは、是非、私にご協力下さい。





このエントリーを含むはてなブックマーク

伝説の社員になれ!

2009年03月31日
私は取締役会の運営も担当しているのですが、いつも取締役会開催の2~3日前に「アジェンダ」を作成し、管理部門を所管する取締役に渡しています。
先日その取締役との間で以下のような会話がありました。

取締役「hiroさん、レ・・・レジェンドはもうできた?」
私「いえ、まだ伝説を作ることはできてません」

取締役のボケが面白かったので忘れないようにエントリー。
このエントリーを含むはてなブックマーク
« Prev | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。